~1つの記事から読者を笑顔に~

グローブを硬くしたい人必見!方法・対策を紹介!【柔らかさから卒業】

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード
野球経験15年以上!野球初心者~中級者に役立つ野球の知識や情報を随時紹介します!メインは、野球についてですが、仕事に役立つ情報も公開中です!

柔らかくなりすぎたグローブは硬くならないと諦めていませんか。昔のように「グローブを硬くしたい」と思う人も多いでしょう。

そこでこの記事では、柔らかくなりすぎたグローブの硬さを取り戻す方法について紹介しています。

この記事で紹介する硬さを取り戻す方法ですが、筆者のグローブで試したことがある内容も踏まえて紹介しているため、内容には信憑性がありますよ。

ぜひ、最後まで読み進めてグローブの硬さを取り戻す方法を理解していきましょう。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ボール-グローブ-野球-ツリー-1393057/)

グローブが柔らかくなりすぎる原因

出典:https://pixabay.com/ja/photos/悲しい-男-落ち込ん-悲しみ-2635043/

グローブが柔らかくなりすぎる原因は、主に2つあります。原因は以下の通りです。

グローブが柔らかくなりすぎる原因
  • へたるため
  • オイルが浸透しすぎている

主にこの2つが原因です。グローブを長年使用していると、へたるため強度が下がり硬さを維持することが難しくなります。

手入れは大切ですが、頻度が高かったり1度に塗るオイルが多かったりすると、グローブにオイルが浸透しすぎで柔らかくなりすぎます。

グローブが柔らかくなりすぎる原因に心当たりがある人も多いでしょう。下の章からは、グローブを硬くする方法について紹介していくので、確認していきましょう。

【グローブを硬くしたい人必見】①硬化剤を使う

出典:https://pixabay.com/ja/photos/野球-ボール-手袋-582887/

1つ目に紹介するグローブを硬くする方法は、硬化剤を使う方法です。硬化剤を使用することで、柔らかくなりすぎたグローブに程よい硬さが戻ります。

様々なメーカーで硬化剤は出ていますが、特に『プロステイタスの硬化剤』がおすすめです。徐々に程よい硬さに仕上げてくれるため、使いやすいですよ。

日常手入れで簡単に硬さが戻るため、長年グローブを愛用したい人は持っておくべきオイルでしょう。

【グローブを硬くしたい人必見】②紐の交換

出典:https://pixabay.com/ja/photos/野球-グローブ-ボール-1425124/

2つ目に紹介するグローブを硬くする方法は、紐を交換する方法です。使い込んだ紐を使用しているとコシが無く、へたってしまいます。

新しい紐に変えることで、グローブ自体がシャキッとし硬さが戻るのです。また、紐を他の色に変えることで新しいグローブを使用している感覚になりますよ。

ヤード
ヤード
実際に紐の交換をしたことがありますが、グローブにほど良い硬さが戻りました。しかし、紐が馴染むまではやや使用しにくいため、試合前などに交換するのは控えましょう。

紐代+工賃で2,000円前後で行ってくれるスポーツ店がほとんどなため、安くグローブを硬くできる方法と言えます。

【グローブを硬くしたい人必見】③グリスを入れ直す

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ソフトボール-グローブ-スポーツ-1354947/

3つ目に紹介するグローブを硬くする方法は、グリスを入れ直す方法です。グリスは、捕球面と裏革の接着剤・クッションの役割を果たしています。

そのためグリスを入れ直すと、今以上に接着剤・クッションとしての役割を果たしてくれ、硬さが戻るのです。

ヤード
ヤード
長年野球を続けていますが、先日初めてグリス交換を行いました。想像以上にへたりによる柔らかさが改善されたので驚きました。

グローブを長年使用している場合でも、グリスを入れ直していない人がほとんどでしょう。硬さが戻るだけでなく、捕球時の痛さも軽減されるのでグリスの入れ直しはやるべきと言えます。

【グローブを硬くしたい人必見】④冷蔵庫で保管する

4つ目に紹介するグローブを硬くする方法は、冷蔵庫で保管する方法です。グローブは革なので、冷蔵庫で冷やすことで硬さが戻るのです。

この方法ですが、巨人の坂本選手や元中日の立浪選手などが行っていました。理にかなった方法なため、ある程度の効果はあるでしょう。

しかし、冷蔵庫から出し再びグローブが温もってしまうと元の硬さに戻りやすいです。なので、上で紹介した3つの方法に比べ、硬さを維持することは難しいと理解しておきましょう。

下の章からは、グローブを硬くしたい人が避けるべきことについて紹介していきます。せっかく硬くしたグローブを柔らかくしないためにも、ぜひ読み進めてみてくださいね。

グローブを硬くしたい人が避けるべきこと①軟化剤を使わない

出典:https://pixabay.com/ja/photos/記号-停止-警告-1732791/

軟化剤の入ったオイルを使用しないようにしましょう。理由は、軟化剤が入っていることでグローブが柔らかくなってしまうからです。

グローブを硬くする方法を実践しても、軟化剤を使用すると意味がなくなります。特に、グローブを購入した当初のオイルを使用している場合は注意が必要です。

グローブの購入時におすすめされたオイルが型付けしやすいよう、軟化剤を多く含んでいるオイルの可能性が高いからです。そのため、保湿効果の高いオイルに変えることがおすすめですよ。

特におすすめなオイルは『ハタケヤマグラブワックス』です。保湿だけでなく捕球面のグリップ力アップも期待できますよ。詳しくは、下の記事を参考にしてみてくださいね。

『ハタケヤマグラブワックス』について詳しく知りたい人向け

グローブを硬くしたい人が避けるべきこと②オイルを塗りすぎない

出典:https://pixabay.com/ja/photos/化粧品-設定-管-香水-2238424/

オイルを塗りすぎないようにしましょう。なぜなら、オイルが浸透しやすく硬さを維持できなくなるためです。

オイルの塗りすぎについては、回数が多い場合と1度に大量のオイルを塗ってしまう2パターンがあります。

回数が多い場合は使用した時だけ塗る、1度に大量のオイルを塗ってしまう場合は薄く伸ばすなど、対策が必要です。

オイルを薄く伸ばすに関しては個人差が出ると思うので、塗ってもグローブがベタつかない量を目安にすると良いですよ。オイルを塗りすぎなくても保湿できるので、実践してみましょう。

グローブを硬くしたい人は保湿オイル+硬化剤がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/わかりました-a-ok-女性-2385794/

軟化剤が含まれてないオイルを使用する・オイルを塗りすぎない、この2つを守っていても使用するにつれ、グローブは柔らかくなってきます。

そのため、保湿オイルとは別に硬化剤を取り入れるのがおすすめです。日常手入れは保湿オイルで行い、月に1〜2回硬化剤を使用すると、ある程度のグローブを硬く維持できますよ。

上の章でも紹介したように『プロステイタスの硬化剤』を使用することで、グローブの硬さを維持orより硬くできます。

手入れを大切にし、元プロ野球選手の新庄さんのように1つのグラブを長く使用してみませんか

硬さが戻らない場合は買い替えも視野に入れる

出典:https://pixabay.com/ja/photos/オンライン-会議-仮想-5059828/

上の章で紹介した様な対策を行っても、グローブに硬さが戻らない場合があります。硬さが戻らない場合は、グローブの寿命だと捉えて買い換えることも視野に入れましょう。

愛着があるグローブとはいえ柔らかすぎると、エラーに繋がります。プレーに影響が出ると、自分が楽しめないだけでなくチームにも迷惑をかけてしまいます。

最近は、安くても質の良いグローブが多いですし、フリマアプリを使用すれば良いグレードのグラブも手頃な価格で購入できます。

お小遣い制な家庭でも、買い替えがしやすいですよ。柔らかさに不満を感じる場合は、買い換えることを検討してみると良いですよ。

【グローブを硬くしたい場合】まとめ

今回は、グローブを硬くしたい時の方法や対策について紹介してきました。最後に改めて内容についておさらいしておきましょう。

グローブを硬くしたい場合の方法
  • 硬化剤を使用する
  • 紐の交換をする
  • グリスを入れ直す
  • 冷蔵庫に入れる

 

グローブを柔らかくしない対策
  • 軟化剤の含まれたオイルを使用しない
  • オイルを塗りすぎない
  • 保湿オイル+硬化剤を持っておく
  • グローブを硬くする方法・対策で効果がなければ、買い替えも視野に入れる

グローブは、野球をする上でなくてはならない道具です。硬さ1つでプレーに影響が出てしまいます。柔らかすぎると、強い打球に負ける・捕球しづらいなどエラーを引き起こします。

 

どれも効果的ですが、特に硬化剤を取り入れる方法がおすすめです。この記事を活かすことで、あなたのグローブに硬さが戻り、使いやすくなることを願っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード
野球経験15年以上!野球初心者~中級者に役立つ野球の知識や情報を随時紹介します!メインは、野球についてですが、仕事に役立つ情報も公開中です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤードブログ , 2020 All Rights Reserved.