~1つの記事から読者を笑顔に~

【野球・ソフト】弱いチームはもう卒業!強いチームになるには意外とシンプルだった!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード
また今日も負けたよ。。
強いチームになりたいなー。
迷える山田
迷える山田

少年野球にしろ、草野球にしろ、

弱いチームにいるとこういった一言も出てくると思います。

「弱いけど楽しいからいいや。」

まあ、そんなチームもあることにはあります。

そんなチームが悪いとは一つも思いません。

野球の楽しみ方は人それぞれです!

 

ですが、

やるからには勝ちたい。

勝った喜びを味わいたい。

と少なからず思うはずです。

 

でも、弱いからそれは無理かな。
迷える山田
迷える山田

 

では、強いチームってどんなチーム?となったとき

絶対的エースがいる

みんな打撃センスがすごい

守備が鉄壁…etc

確かにそんなチームは間違いなく力はある。強いといわれる。

 

かといって強いチームが全てそういったチームではないと思います!

 

そうだけど、
弱いチームでも渡り合えるの?
迷える山田
迷える山田

その答えはもちろん、

 

 

yes

 

 

意外とできる選手がいるから勝てると思われがちだけど、実は違う。

 

なら弱いチームがどうやって強いチームに渡り合って、

強いチームに変っていくかになるけどそれはこれだ!

 

 

当たり前のことを当たり前にやる

 

良い雰囲気を作る

 

 

この二つ!

 

なんだか、地味。
迷える山田
迷える山田

そう思う人ももちろんいることは分かる。

ですがこの二つを実践したことで

 

私自身、
大きな大会で優勝経験あります!

 

なので今からなぜこの二つをすることによって

強いチームに変わっていくのか説明していきます!

 

当たり前のことを当たり前にする

まず野球において当たり前のことを当たり前にするとはなにか?

守備であるならボールを捕る・握る・投げる

打撃なら自分の強く打てるポイントで打つなど

 

 

基本そのもの

 

 

良い選手がいる関係なしに基本に忠実なチームは強い。

弱いチームであるならまずは「基本に忠実」を目指すとベスト。

 

では、基本に忠実と考えた時に、

一試合を通してどの場面を切り取ってもそれらができているか、

おそらく全てにおいて完璧というチームはなかなかいないと思う。

 

守備であればエラー、ピッチャーの逆玉、ポジショニング

打撃ならボール球を打たされる、打てるところを見逃す

そういったこと意外としているのでは?

 

この小さなミスの積み重ねで弱いチームは負けている。

これは、強いチームであっても同じこと。

ただ強いチームは選手の能力が高くそういったミスがあっても

他の部分でカバーができているだけであって、

それが不調などでカバーできないと強いチームであっても負けてしまう。

 

一見華やかなプレーの塊に見えてしまうプロ野球であっても同じで、

ミスの少ないチームが勝っている。

 

もし、

守備でエラーもなく、狙ったところにピッチャーも投げる、

ポジショニングも完璧となればおそらく失点しても1.2点で収まる。

 

打撃であれば、ボール球を打たず、打てるところを見逃さなければ

チャンスも作れるはず。そして得点につながる。

 

なので練習で小手先だけの戦術や技術を磨くのではなく、

まずは一つ一つのプレーを基本に忠実にし、

当たり前のことを当たり前にできる力をつけて欲しいです。

そうすることで勝てる力をつけていけます!

 

なるほど!
ミスが無いチーム
たしかにそれは強い!
迷える山田
迷える山田

 

 

ですが、それだけでは足りません。

 

良い雰囲気を作る

当たり前のことを当たり前にするということと

同じくらい忘れてはいけないこと。

良い雰囲気を作ることです。

 

そもそも、
良い雰囲気ってなに?
迷える山田
迷える山田

良い雰囲気ですが、自チームが勝っているときの

イケイケな雰囲気といえば伝わるのではないでしょうか?

自然と声が出て全員が前向きな雰囲気でプレーできてる雰囲気のことです。

 

この雰囲気を勝っていても負けていても作れるチームは本当に強いです。

勝っている状態で維持できれば流れを相手に取られないし、

さらに追加点を取れたりします!

負けている状態でも継続できれば逆に相手の流れを奪うことができ、

相手にミスがでたり、逆転に繋がります。

 

ここで言いたいのは、

 

 

雰囲気は最高で最低で最強

 

 

本当にそういえます!

良い雰囲気を作れば最高に最強ですが、

逆な雰囲気を作れば最低に最強だからです。

雰囲気が試合を作るといっても過言でないです!

 

ですが、なかなか良い雰囲気というのは

勝っていても気のゆるみから良い雰囲気が崩れたり、

ミスなどでてしまうと悪い雰囲気になってしまうから

なかなか良い雰囲気の継続をするのは難しいです。

 

そのために必要になってくるのが、

前向きな声掛けを絶えずしていくことです!

たとえミスなどマイナスな要素があったとしても

罵声を浴びせるのではなくプラスになる声掛けをすることで

悪い雰囲気にならずに済みます!

勝っているときならなおさらプラスになる声掛けをすることで

さらなる良い雰囲気づくりに繋がります!

 

これは練習の時から声を出す習慣をつけていくことで

試合にも生きてくるのでぜひやって欲しいです!

 

どんな局面でも、
プラスになる声掛けをすることで
良い雰囲気になるのか!
これはやるしかない!
迷える山田
迷える山田

おわりに

強い選手がいるチームだけが勝つんじゃないということを

少しはわかってもらえたでしょうか?

もちろん、個々の能力を上げることは大切ですが、

この二つを軽視しているといつまでたっても

強いチームには成長できません!

強いチームになるためにぜひ取り組んでみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤードブログ , 2019 All Rights Reserved.