~1つの記事から読者を笑顔に~

野球観戦は暑さ対策を忘れずに!快適に観戦できる方法を9つ紹介!

2020/04/01
 







この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード
野球経験15年以上!野球初心者~中級者に役立つ野球の知識や情報を随時紹介します!メインは、野球についてですが、仕事に役立つ情報も公開中です!

野球観戦は、春先から秋口がメインですが暑さ対策が必要なことを知っていましたか?球場にもよりますが、風が吹かない・日影が少ないといったところもあります。

その結果、体調不良や最悪の場合救急搬送をされる人が毎年後を絶ちません。そうなりたくはないですよね。この記事は、野球観戦で使える暑さ対策について紹介している記事です。

一般的に知られれている暑さ対策の他にも、球場ならではの暑さ対策についてもまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/サンセット-夜-ロマンチックな-2180346/)

野球観戦って暑いの?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/グレートアメリカン球場-スタジアム-1747330/

野球観戦と聞いてイメージすると、「外ではあるものの屋根が多く思ったより涼しく観戦できそう」という声を耳にすることがあります。

屋根があり日陰になる場所は涼しいところもありますが、実際の場合ほとんどの席が暑いです。これは、屋外の球場・ドーム球場どちらでもいえることです。

屋外の球場とドーム球場の暑さの特徴を知ろう!
  • 屋外の球場・・・直射日光が強く、汗がふき出る感じの暑さ
  • ドーム球場・・・空調は効いているものの、蒸し暑くジメジメした感じの暑さ

これが、球場の種類で分けた暑さの特徴です。屋外の球場は基本、直射日光が強く当たりますが天気次第で快適に観戦できるので、観戦日だけの天気だけでなく前日や翌日の天気も把握するようにしましょう

ドーム球場は涼しいと思われがちですが、選手の体調面などに考慮しているため空調は多少効いていますが、涼しくないので注意してくださいね!

野球観戦の暑さ対策①こまめな水分補給

1つ目に紹介するのは、こまめに水分補給をすることで、暑さを対策する方法です。水分補給が重要なことは皆さん周知の上ですが、体温上昇を防ぐことができるのでとても大切です。

それだけでなく、汗をかくことによって失われた体内の水分を補うことや、熱中症予防にもつながるので水分補給は必ずこまめに行うようにしましょう。

こまめに行う水分補給の頻度として、暑い日は10分~15分に1度はコップ1杯分の水分を取るようにすることが推奨されています。のどが渇いてからの水分補給は遅い可能性があるので注意してくださいね。

より、効果的な水分補給をするために

水やお茶を飲んで水分補給をすることは、もちろん大切です。しかし、たくさん汗をかくと水分と同時に体内のナトリウムやミネラルが失われ、熱中症や脱水症状を引き起こす危険があります。

それらを回避するために、塩分タブレットやスポーツドリンクを使用することで、より効果的な水分補給ができるので取り入れてみてくださいね。

野球観戦の暑さ対策②氷をもっていく

出典:https://pixabay.com/ja/photos/アイス-キューブ-氷-水-冷-3506781/

2つ目に紹介するのは、氷を使用した暑さ対策です。体の様々な部分を冷やせますし、クーラーボックスを持っていくことで飲み物も冷やせるのでとても便利ですよ!

ですが、使用するときに袋が破けてしまう可能性もあるので扱いは十分注意してください。それだけでなく、炎天下だと氷の溶けるスピードも早いので多めに持っていくことを忘れないようにしてくださいね。

氷の使用が体を冷やすだけなら「アイシング」がおすすめ

もし、氷を使用する理由が体を冷やすだけなら、「アイシング」を購入するのもおすすめですよ!アイシングがおすすめな理由は以下の通りです。

  • ナイロン製で袋が破けにくい
  • 氷が溶けにくい
  • 結露しない

この3つです。袋に氷を詰めると、破けやすい・氷が溶けやす・結露するなど悩みがありますよね。アイシングはそれらを解決してくれるので、とても便利です!

野球観戦の暑さ対策③冷却タオルを準備

3つ目に紹介するのは、首に冷却タオルを巻いて暑さ対策をする方法です。首元を冷やすことによって、体温上昇を防ぐことができるので、多くの人が行っている方法ではないかと思います。

冷却タオルの種類は、水に濡らして冷感効果を発揮するものと、濡らさなくても冷却効果のあるのもの2種類があります。

どちらも冷感効果はありますが、野球観戦中は水に濡らすことで何度も冷感効果を発揮してくれるタイプのタオルを選ぶことがおすすめです。体温上昇を防ぐだけでなく、汗も拭けるので使用して損はないですよ!

野球観戦の暑さ対策④帽子をかぶる

出典:https://pixabay.com/ja/photos/きれいな女性-若いです-女性-1509956/

4つ目に紹介するのは、帽子をかぶって暑さ対策をする方法です。直射日光で頭部が加熱されると、温度以上に暑さを感じますよね、ですが帽子をかぶることによって、そういった暑さを緩和できます。

暑さ対策だけでなく、頭皮が焼けるのを防ぐこと・頭痛を起こす危険を回避すること、この2つにも効果があるので、日差しが強い日は必ず帽子をかぶるようにしてくださいね!

帽子は様々な種類がありますが、暑さ対策の観点からみたときにおすすめする帽子は、麦わら帽子です。通気性がよく熱がこもりにくいので快適に使用できますよ!

野球観戦の暑さ対策⑤ボディーシートを使う

5つ目に紹介するのは、ボディーシートを使用して暑さ対策をする方法です。汗を素早くふき取ることができますし、ボディーシートの種類によっては爽快感を与えてくれるので大変おすすめです!

あまり野球観戦をしたことが無い人によくありがちなのが、「座って観戦するだけだからそこまで汗をかかない」と油断し観戦に来ることです。

座って観戦をするだけでも周囲の観客の熱気で汗をかきますし、応援をはじめるとさらに汗をかきます。快適に観戦するためにも、ぜひボディーシートを携帯するようにしてくださいね!

野球観戦の暑さ対策⑥着替えを持っていく

6つ目に紹介するのは、着替えを持っていく方法です。意外と行っている人は少ないですが、汗でべたついた服を着替えることによって暑さ対策になります

強い日差しのなか野球観戦をしていると、自分が思っている以上に汗をかいているといった経験があると思います。汗をかいた服を着ていると不快感がありますし、快適に観戦できなくなりますよね。

なので、シャツを着替えることで不快感をなくすことをおすすめしています。人によっては、「Tシャツまで変えるのは…」と感じる人もいますが、インナーを着替えるだけでも効果はありますよ。

最近は、速乾性のあるインナーも様々な会社から出されているので活用してみるといいですよ。汗をかいても、サラッとした感じで着ることができるので、野球観戦以外のレジャーにもおすすめです!

野球観戦の暑さ対策⑦手持ち扇風機を持参

7つ目に紹介するのは、手持ち扇風機を持参して暑さ対策する方法です。球場によっては観戦中、風があまり吹かない球場や当たらない座席もあります

そんなとき、手持ち扇風機があるととても便利です。暑い観戦中であっても風があることによって暑さ対策ができ、より快適に野球観戦をすることができますよ!

ですが、応援しながら手で扇風機を持つと邪魔になりますよね。そんな人には首からぶら下げるタイプの扇風機もあるので、不安材料も解決できます。

手で持つことなく風にあたることができ、さらに思う存分に応援を楽しむことができるので、大変おすすめですよ!

野球観戦の暑さ対策⑧日陰で休む

8つ目に紹介するのは、日陰で休むことです。「日陰でそんなに変わる?」と感じる人もいると思いますが結構変わります。

出典:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16924

こちらの画像を見てもらってわかるように気温が約30度だった場合、日陰と日向では温度差が20度近く変わっています

野球観戦をしていると、ついつい暑さを忘れ熱中してしまうこともありますが、日に当たりすぎると自分が想像している以上に疲れてしまうので注意しましょう。

おすすめの休み方は、イニングの合間や自チームの応援が少ない守備の時がいいですよ。体調管理も行いつつ楽しく応援しましょうね!

野球観戦の暑さ対策⑨ベンチに敷くタオルを準備する

最後に紹介するのは、ベンチにタオルを敷く暑さ対策です。「ベンチにタオル?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、日に当たったベンチはとても熱く座れないことがあるから、タオルが必要と考えています。

僕の経験になりますが、夏に阪神甲子園球場の外野席で野球観戦をしたときベンチが暑くすぐ座れなかった経験があります

その後座れたことはよかったものの、熱くて汗をかきズボンに汗ジミができました。こんな恥ずかしい経験を読者の方にしてほしくないので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

暑さ対策も大切ですが、日焼け止めも忘れずに!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/記号-停止-警告-1732791/

暑さ対策をして涼しく快適に野球観戦をすることは、もちろん大切ですが暑さ対策をするあまり、日焼け止めを忘れてしまうという人が意外と多いです。

暑さ対策と同じくらい日焼け止めも万全に行ってください。僕の経験で日焼け止めを塗らず野球観戦をしたことがありますが、1試合で腕が真っ赤になるほど日焼けした経験があります。

日焼けをすると、ヒリヒリと痛いですし疲れも倍増しますよね。日焼けをして自身の痛める前に、きっちりと日焼け止め対策も行うよう注意してくださいね!

まとめ

今回は、野球観戦をするときの暑さ対策について紹介してきました。暑さ対策をすることは同時に、熱中症対策をすることにもつながります。

暑さ対策を怠ることで、体調不良や救急搬送される人が毎年後を絶たない状態です。特に野球観戦は、屋外であることがほとんどなので、暑さ対策には十分注意しましょうね。

この記事を読んで暑さ対策をすることで、野球観戦をより楽しく快適にしてもらえると嬉しいです。暑さ対策を万全に行い楽しく野球観戦しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード
野球経験15年以上!野球初心者~中級者に役立つ野球の知識や情報を随時紹介します!メインは、野球についてですが、仕事に役立つ情報も公開中です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤードブログ , 2020 All Rights Reserved.