~1つの記事から読者を笑顔に~

野球を始めるならこれは買おう!道具選びで迷わないコツを大紹介!

2019/10/12
 







この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード

少年野球や草野球ではじめて野球を始めようとしたときどのような道具が必要なのか買うべきなのか素人であるとおそらく迷ってしまいますよね?道具も決して安い買い物ではないため買ったはいいが使えない自分に合わないとなるとすごく勿体ないです。私自身野球を始めた時に一度道具の知識がないまま分からず道具を購入したときに失敗した経験があります。そんな経験があるからこそ他の人には失敗してほしくないです。なので今回は野球を始めた時に必要な道具についてと、メインで必要になってくるグローブ・バット・スパイクの選び方について紹介していきたいと思います。

 

始めるときに必要な道具

まず始めるときに必要な道具ですが、正直グローブがあればなんとかなります(笑)

あとは動ける服装、運動に適した靴があれば練習はできます。ユニフォームなどは実際試合にしか着ないので初めはグローブで十分と思います。とはいっても後々は練習着など必要になってくるのでここからリストにしてまとめます。

優先的に準備したいもの

  • グローブ
  • スパイク
  • 練習着(上下練習着・帽子・アンダーシャツ・ベルト・靴下)

後回しにしていいもの

  • バット
  • 守備手袋
  • バッティング手袋

この優先したいものの3つは早いうちに揃えておくとまず困りません!バットや守備手袋、バッティング手袋などは実際なくてもプレーできます。バットはチームのメンバーに借りれば大丈夫ですし、守備手袋やバッティング手袋は滑るのを防止したり衝撃を和らげるなどの保護的なギアになるので優先的に買わずに後に回しても大丈夫かと思います。

グローブの選び方

初めのグローブの選び方ですが、初めはポジション指定したグローブは買わずオールラウンド用を買うことをおすすめします。そのわけは、ポジション指定したグローブだとそのポジションで使いやすいサイズ・形になっているから外野で内野用のグローブを使うと短くて守備範囲が縮まってしまったり、逆に内野で外野用のグローブを使うとゴロ捕球の時の取り回しがしづらいなどあるため自分のポジションが決まってからポジション指定のグローブを選ぶようにしましょう。またグローブといっても値段がピンからキリまであります。まず高い値段のグローブだと革質もよく長持ちし、手になじみやすいそういったことがありますがポジションの決まらないうちは安めのグローブでいいと思います。初心者であると手入れもうまくできないと思うので安いものをはじめ使うようにして上達してから高いのを選びましょう!

  • ポジション指定したもの出なくオールラウンド用を選ぶ
  • 高いグローブでなく初めは安いグローブを選ぶ

 

バットの選び方

初めにも書きましたが正直、バットは急いで買わなくても大丈夫です。なぜなら初めは自分のスイングなども固まっていなくどういったバットが体に合うのかわからないと思います。そういった状態でバットを買ってしまうと間違いなくミスしてしまいます。実際小学校のときの私自身がそうでした(笑)まだスイングも固まってない状態で自分に合うバットもわからず買った結果、あまり使わずじまいになってしまいました。ですからそうならないようにある程度自分のスイングができはじめて買うことを検討しましょう。買うときの注意ですがバットといっても長さ・重さ・芯の位置など様々です。買うことを検討するようになったら、チームのいろいろな人のバットを練習などで使わせてもらい自分が使いやすいバットを見つけるようにすることが大切です。自分に合うバットが見つかったらそのバットの長さなどの情報をメモしておいて購入するのもいいかもしれません。

  • スイングがある程度できて買う
  • 買う前にチームにあるバットを使って自分に合うものを見つける

 

スパイクの選び方

スパイクですがここで重要なのがスパイクの歯が樹脂製なのか金属であるかは要確認で各チームの所属しているリーグなどで異なってくるので注意しましょう。金具禁止のリーグなどであるとせっかく買ったスパイクも使用することができません。あと、スパイクのベースの色もチームで決まっていたりする可能性があるのでそこも確認してください。そこさえ乗り越えればあとは普通に靴を選ぶ感覚と一緒の容量で自分のはきやすいものデザインが好きなものを選ぶといいです。スパイクでよくあるのが、スパイクの歯が埋め込み式のものかつけ外しできるものか種類があるのですが私がおすすめするのは埋め込み式のものです。歯がちびてしまったら捨ててしまわないといけませんが、つけ外しができるものに比べ軽量で手入れが楽です。歯がちびたら捨てると書きましたが週に1回とかのしようであれば頻繁に買い替えることはありません。私自身今使っているスパイクは4年ほど使用していますがまだまだ全然使用できます。なので私自身埋め込み式のものをおすすめしています。買うときにもう一つ忘れてはいけないのがP革というつま先に付けるカバーを忘れないようにしましょう。なぜつけるべきかは投球時にどうしても右投げなら右足を左なら左足をするようになってしまうのでP革を付けないでいるとすぐ穴が開いてしまうためです。わからないようでしたらスポーツショップに行って店員さんに聞いてみると教えてくれると思います。

  • 自チームの属するリーグ規定のスパイクが金属の歯か樹脂の歯か確認
  • 週に1回とかであれば埋め込み式の歯のスパイクでも十分買い替えず済む
  • 右投げなら右足に左投なら左足にP革を付ける

 

終わりに

野球道具はすべてそろえる数も多いですし、道具一つ一つの値段もかかります。そのため失敗をしたり買いなおしたりとなると出費が大きくなるのでくれぐれも道具を選ぶときには慎重に自分に合ったものを選ぶように注意しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤード

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤードブログ , 2019 All Rights Reserved.